嬢ちゃん!・・・えっ?

『じょうちゃん、ほら こっちの蕾なんかいいよ!』 聞き違いでなきゃ そう聞こえた 買いものへ行く道の植え込みに 今年も芍薬が 咲いていた 先に 老人車を押した(少なくとも私よりはかなり年輩の)方が 携帯で写真を撮っておられた わたしも!と思って写真を…

古希≒老いを考える

最後の職場の同僚、3歳年上のGさんから 葉書をもらった 2006年7月 つれあいの怪我入院、付き添いで そのまま退職することになった あの時 「仕事のことは 考えなくていいから…』と 随分気にかけてもらった 急な退職で迷惑をかけたのに 以後 年賀状と 4月の彼…

ブログって…

ありゃりゃ、です 今電話で またまた筍持って行くね~と 知人からの電話あり どうします、どうしよう… 冷蔵庫の中は まだ筍がいっぱいです つれあいが 下に受け取りに行ってくれてます 数多いとは言えないプログの読者であるわたし ここ続いて 人間関係に鬱…

雨の中の 藤の花

16日夜 婿殿③のご実家からの宅配は ど~~んと たくさんの筍だった 嬉しい~どうしょう?~がんばるぞ~と タケノコづくしの日々 4月最大の(わたしにとって)イベント?も 杞憂におわり あっという間の楽しい時間だったと 今は、思う 社会的な引きこもりの…

負ばっかりの ニュースの中で

大変だったんですね~砂嵐 今朝はTVつけると 警官が警官を撃ったというニュースでした 何がそうさせたのか…分からない事件が続きます 理由なんてなかったりすることもあるのでしょうか 次のニュースは あの人が 「ウソつき」と言われたことに激している場面……

すずらん、みっけ!

10日明け方 腹痛で目覚めた ムムム…うつったかな?(前日倦怠感もそのせい?) ま、時々あることだから 次女一家は 親2人も…新学期早々学校もお休みしたとメールあり その後 音沙汰無しだから 大丈夫、なんだろう、と思う事にした 長女んとこへは メールもで…

かといって 何かできるわけじゃなし・・・

いよいよ 「マルチン・ベック」シリーズ最後の本 かなり古い本で 借りた本もページが茶色に変色している いつものわたしなら こんなに変色した古本は 敬遠する が、 これは外せない本 読んでいるうちに 悲しいことに テロリストの中に 日本人が2名も…イヤだ…

読書~嚥下の本&ミステリーかと思ったら違った本

我が夫は 食事中 むせることが多いです それは 老齢によるというよりも 頭部外傷の後遺症だと思っています 嚥下が スムーズにいかなくて お茶などを少しづつ飲めばいいのに 習慣で口いっぱいにふくんで 飲み込むタイミングが悪いと いつまでも口の中、なんて…

今年の桜、もう十分?かもね

31日 まだ訪れたことがなかった 二条城の桜を観に行く 入場券の購入から長蛇の列に ビックリ 昔 ここを何度となく 車で通ったが 正面に来たのは初めてだ ふ~ん こんな感じなんだね 多くの人は 城中見学へ わたし達は 桜に会いに来たから 外をぐるっと一周し…

おしゃれ心

お天気が続きますね 心配性なもんで びわ湖の水位も ちょっと気になります お洗濯日和です 春休みで 子供の姿が多く 店の中で 叱られている子を見ると ドキッ! 長女達が 2か月ぶりに泊まりに来て 全く別人かと思うような孫①の声に ビックリでした お洒落な …

たまたま…っていう時、あるとウキウキします

それが 特にうれしいとか、得したとかじゃなくてもね わたし その時 養老孟司さんの『遺言。』を読んでいました つれあいは その横で いつものように はてなの購読ブログ画面を見ていたのです 養老さんの本の文中に 「ランダムウォーク」という言葉があって …

たまにはひとり、ってなかなかなれませんが

今日は つれあいの歯科のお掃除の日 初めの受付だけ済ませて 先に帰る 待合室が小さいので 用もないのに椅子取りするのが申し訳ない 前回からは ちょっと視界が揺れてめんどうでも (本音は自分でしたくないのは分かるが)会計を 独りでしてもらうことにした …

ことしも 初御代桜に会えて うれしいね

2泊3日で 静岡へ出かけ 昨日帰ったら 寒~い でも 公園のいつものところがピンク色に 今朝は 比叡山も雪が舞ったようだ 旅の疲れもなんのその がんばって 初御代桜に会ってきた 梅も満開 スマホに変えて 何歩歩いたか分かるのが面白い 今朝は 4319歩 さぁ、…

クルクル変わるの やめてほしい~

ここ数日は 刺激的?な時間だったが みんな帰った 今朝 つれあいの内科受診の付き添い…おっ!咲いている 8日にスマホデビューしたものの 相次ぐトラブル続きに げんなりしていたが 早速 ポケットから取り出して操作する ボケてる… まだ使い方がよく分からな…

『高次脳機能障害』&『ふっふっふ』~読書

『高次脳機能障害』医療者でも 正しくは理解できていない人が多いということは 我が実体験(つれあいの怪我の時のDrの態度)で 良~くわかっている 他人のことは言えない…現役のときのわたし自身 聞いたことあったかな…くらいだし つれあいが 頭部外傷というケ…

2018年びわ湖毎日マラソン

3月2日 陸上競技場付近 図書館へ行くいつもの道の植栽がきれいに刈られていた あ、びわ湖毎日マラソンだったね、と メタセコイヤも散髪中 あたりが森の薫り漂いいい気持ち そして 3月4日昼過ぎ ほら、もう来るよとつれあいをせかす 毎年 この日は寒い日とい…

下賀茂神社~森の手作り市~

葵祭で有名な下賀茂神社(賀茂御祖神社)で開かれる 前回の森の手作り市へ行った長女が良かったよと聞いていたので 今日朝早く出かけた 9時の京都駅、土曜日で人が多い バスには座れたので ほっとする (京都の町をバスで移動する時、座れないことの方が多いか…

期待して行った(何を?)~京都忘れ物センター

京都駅中央改札口を出て 右へ突き当りまで真っ直ぐ! 京都劇場…こちらへは来たの初めて かどを右にすすむ 突き当たって左へ えぇ~っ こんな寂しいところにあったんだ… 高嶋政伸さん主演の『東京駅お忘れ物預り所』というTVがあったのですが それをイメージ…

待つていましたぁ、この電話❕

もし 電車の座席に 見た目はあまりよろしくないこげ茶色の布袋が置いてあったら… 中味は 中で紐で括られている 嵩はあるけど 軽い 危険物? なんか得体が知れないから 触りたくはない? どうだろう? 中を確かめるのも 周りの人の目もあるし ちょっと引いて…

昨夜は 本を読んだ後 寝付けなくて…

小説の世界から 現実へ なかなか切り替えられなくて 寝床に入っても あの子はこれからどう生きて行くのだろう、とか 考えちゃった、ハァ~眠いよ~ 2017年アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞賞受賞作品 ちょっと読みづらいかな…なんて思って…

「私はこんなに○○…」というのが…

今朝は曇り ベランダの桟を拭くと黒く汚れが目立った 買いものへ出るくらいしか運動していない…お腹周り、いざという時のたくわえだなんて言っていられないかもね でも まだ外は寒いし 15日夫の内科受診 1月の採血結果をもらったので パソコンに入力する エ…

バレンタインデーは 夫が チョコを 誰からも文句も言われずに食べることができるひと月の始まり

今週のお題「バレンタインデー」 wikipedia 「日本型バレンタインデー」の特徴 贈答品にチョコレートが重視される点 女性から男性へ一方通行的贈答である点 (女性の)愛情表明の機会だと認識されている点 とはいえ 義理チョコ、友チョコ、自己チョコ、強敵…

かっこいい!フィリップ・マロー&村上春樹さん

レイモンド・チャンドラーといえば フィリップ・マーロウ 特別ハードボイルドが好きではないけれど フィリップ・マローは 「男は黙って勝負する」そんなところに魅かれて シリーズを読んできたが 村上春樹訳の本は これで最後になるらしい 訳者がいいのか こ…

今日は父の命日 もう18年か… あの年初めに 同居する姉と父がインフルエンザに罹患し ようやく回復した頃 電話で父と話したのが 最後になった 夜勤から戻った甥が 帰宅し こたつで横になっている祖父をみて 声をかけずに 2階へ上がって仮眠したそうな(もしか…

「やめなさ~い」と叱られた

今朝は 目覚ましがぜんぜ~ん聞こえなくて 久しぶりに 「鳴っているよ」と声かけられました 昨日 3泊した三女と孫⑦が 帰って 気が緩んだのかな 帰省する娘に合わせて メニューを考えているつもりが 3人いると 誰が何を好きだったっけ?と こんがらがってしま…

ジェフリー・ディーヴァーの本は おもしろい

床暖房とこたつだけで 毎冬過ごしているが 今年はいつもの設定では室温17℃ 昼過ぎになると日が入るので もう少しましになる ガス代が 昨年と比べて高いのを見て 着こんでしのいでいる 夜は こたつに入って過ごす マンションなので 他の家の暖気もあるのか 日…

久しぶりのお月さん

朝 カーテンを開けたら 久しぶりです、おつきさん! 掃除している間に お帰りになっちゃった 今朝の比叡山 京都へ買い物して ミニパフェ食べたら抽選1回できた グルグル、そっと回したら 水色の玉 おっ!係の人が プ~スカ音を鳴らす 期待したのも一瞬 をも…

今年も お花をありがとう~しゃこばさんへ

シャコバサボテン 今の住まいに越してきたときには 駅の高架下に花屋さんがあった 花など 買う余裕もない毎日だったけど 引っ越した後の部屋に お花を飾りたくなって ふらっと入ってみた 2003年春間近な頃だったような 定かではないけど わたしに 『買って買…

『人は人を浴びて人になる』&『「ありがとう」といって死のう』

我が夫は 今 鷲田清一さんの本を次々借り出して読んでいる 「この本、すごいわ~」と 言い いかにも私にも読んでほしそうにする でも へそ曲がりなわたしは 言えば言うほど 読みたくない だいたい哲学的な本は 苦手だ おとこの人が あれこれ考えた思想、とい…

『がん消滅の罠』読了

を読んだ 図書館で予約待ちの多い本を予約すると もう記憶がない頃にやっと借り出せることになる 読みたい!と思って 書店ですぐに買っていた現役の頃との大きな違いは ここだ この本は 小説というより 医療関連の本だったかなと、読み始めた ぜんぜん違った…